患者さん家族のびっくりエピソード。入院費払わずに逆切れ・・・病院で遺産争い・・・・とか。

病棟勤務をしていると、人間観察が面白いんですよね( ̄▽ ̄)

 

色んなタイプの患者さんたちがいますから、日々色々な事が起きるんです。

 

病棟エピソードの主役は、おもに患者さんですが、患者さん以外の主役もいるんです。

 

それが、患者さんの家族;^_^A

 

患者さんの家族って、結構重要なポジションにいますよね(´・Д・)」

 

やはり、看護師として患者さんの次に、いや下手すると一番に関わりが深いこともある患者さんの家族。

 

患者さんはいい人なんだけど、家族がね...ってタイプ、必ず1人はいますよね( ;´Д`)

 

うちの病棟にも、モンスターペアレントならぬ、モンスターファミリーがいたんですよねヽ(´o`;

 

とにかくクレーマーな家族。
とくに娘さんがひどいんです(-。-;

 

とにかく事あることに、クレームがくるから、みんな関わりたくありません>_<

 

その患者さんは、高齢のおばあちゃんで、認知症がひどく、会話らしい会話はほとんど無理です。

 

しかし、家族さんはしょっちゅう外出希望をだしては、患者さんを連れていきます(・_・;

 

そして帰ってくると、腕に小さな内出血斑が出来てるだの、便秘をしているんじゃないか、足の指に水虫ができてるから治療してくれ...等々文句やら要望やら、マシンガンのように話して行きます。

 

しかも、外出した日の夜は必ず電話がかかってきます。
その電話もクレームやら要望やら、興奮しながら一方的に一時間も二時間も話し続けるんですよ(・_・;

 

夜勤者も忙しいのにたまったもんじゃありませんよねヽ(;▽;)ノ

 

そんな入院生活が数ヶ月続きましたが、突然急変されてお亡くなりになったのです。

 

娘さんはもちろんのこと、遠方の息子さんもかけつけたのですが...。

 

何やら不穏な空気が流れ始め、口論が始まったんですΣ(゚д゚lll)

 

どうやら、度々の外出は、患者さんを郵便局に連れ出し、預金をおろさせていたようなんです。

 

預金なら家族がおろせるだろうに、なぜ本人を連れて行ったのか、不明ですが...(;^_^A

 

しかし、息子さんが怒鳴っている話を聞いていると、そのお金を娘さんが使い込みしていたようで、その額がかなり多額であったようです(´・Д・)」

 

そんな怒鳴り合いが、お亡くなりになった患者さんの枕元で始まったわけです。

 

ちょっとちょっと、今ここでそれをやりますか?というくらいひどい口論でしたね(;´Д`A

 

色んな患者さん家族がいますか、かなりインパクトの強い家族でしたよ(´・_・`)